Hobbyblog’s blog

アニメフィギュアやパチスロ

防災グッズ 点検

今日は、防災グッズの点検をしました。非常用持ち出し袋というものです。点検の結果、食料と水の賞味期限が、切れていました。また新しいものの補充が、必要でした。


f:id:Hobbyblog:20191104111243j:image


f:id:Hobbyblog:20191104111306j:image
f:id:Hobbyblog:20191104111321j:image
f:id:Hobbyblog:20191104111334j:image
最近は100均などでもある程度は、揃うようになっていますが、イマイチなにが、必要かわからないので少し調べてみました。
その結果ですが、1位は、やはり水と食料でした。食料は、食べなれたものが、良いそうです。3日分程度は、必要ということです。

あと甘いものもあるといいとのことです。

 

井村屋 えいようかん 5本

井村屋 えいようかん 5本

 

 こういうものも、あるといいそうです。

あとは、サニタリー用品 体を拭くものおしり拭きなども必要ということです。他には、毛布、救急箱、靴、長靴、大人用子供用のオムツ、病気のある人は、お薬手帳と薬を持っておくのが必要でした。しかしこんなにいろいろそろえるのは大変そうなのである程度セットになっているものを購入することにしました。

 

 あと毛布ですが、普通のものは、かなりかさばるのでこちらもいろいろさがしてみたところこんなものがありました。

 

 こういうものもそろえるほうが、いいようです。しかしながらこんなにたくさん持って逃げるのは大変そうなので、ある程度は必要最低限にすることも大事なのではと思いました。そして、これらを使うことのないよう祈りながら点検を終了しました。以上です。

ハロウィン用 ドールカスタム2


f:id:Hobbyblog:20191019162720j:image
フェルトが、たくさんあまったので素体を変えて、もう一つコスチュームをつくりました。

今回使用した素体は、ピュアニーモ2エモーションという素体を使いました。こちらの素体は、可動範囲が、かなりひろいです。体育座りができます。リトルプーリップなどのサイズにあっていると思います。


f:id:Hobbyblog:20191019163658j:image

 

さて、コスチュームのほうですが相変わらずフェルトを使っています。ゾンビな感じにしたがったので、服にキズあとを付けました。

キズあとは、裏から赤のフェルトを貼り付けました。フリルは、100均のフリルリボンを縫い付けました。小物も100均のものばかりです。
f:id:Hobbyblog:20191019164955j:image

カボチャは、100均のカボチャのストローを切って使いました。


f:id:Hobbyblog:20191019171411j:image

頭部は、前に使ったものを、そのまま使いました。

 

グルーヴ docolla ムック (MUKKU)

グルーヴ docolla ムック (MUKKU)

 


f:id:Hobbyblog:20191019173215j:image

f:id:Hobbyblog:20191019173306j:image今回は、全体的に白っぽいイメージで、つくりました。なかなかいい感じに、仕上げることが、できました。

以上です。
f:id:Hobbyblog:20191019174313j:image

f:id:Hobbyblog:20191019174524j:image


てぬいのドール・コーディネイト・レシピ すぐできるフェルトのお洋服 (Dolly*Dolly Books)

てぬいのドール・コーディネイト・レシピ すぐできるフェルトのお洋服 (Dolly*Dolly Books)

 

 

ハロウィン用 ドールカスタム

 






f:id:Hobbyblog:20191006154621j:image

今月は、ハロウィンということで、人形をカスタマイズしました。人形は、ドコラのムックの頭部、体は、オビツボディの23センチを使いました。ランプは、100均のハロウィンバケツにキャンドルランプを入れています。

f:id:Hobbyblog:20191006164157j:image
f:id:Hobbyblog:20191006165629j:image
なかなかそれらしくなりました。

それでは人形の制作過程ですが基本的にあまり難しいことは、していません。
まず頭部ですが、髪が赤だったので、髪をはがしました。ウイッグのようになっていたので、楽にはがせました。はがすと後頭部に、ネジ穴が、あるので、ネジを外します。これで分解できるので、目玉を外し市販のドールアイに交換しました。交換方法は、ドールアイをエポキシパテで固定するだけです。

髪のほうは、植毛しようと、思ったのですが、時間がかかりそうなのでドールヘアを接着しました。接着方法は、本を参考にしました。

 

コッコ★ドール―球体関節人形の作り方 (EASTAGEヴィジュアルBOOK)

コッコ★ドール―球体関節人形の作り方 (EASTAGEヴィジュアルBOOK)

 

 

こちらの本ですが、球体関節人形のつくり方が、わかりやすくかかれています。髪の付け方も、載っていたので、それを参考に付けました。初心者向けの本です。

あとコスチュームのほうも本を参考にしました。

 

てぬいのドール・コーディネイト・レシピ すぐできるフェルトのお洋服 (Dolly*Dolly Books)

てぬいのドール・コーディネイト・レシピ すぐできるフェルトのお洋服 (Dolly*Dolly Books)

 

 

こちらも、初心者向きになっています。ほぼフェルトを使ったものが、載っています。基本的なものに、自分でアレンジを加える感じになっています。




f:id:Hobbyblog:20191011211741j:image
f:id:Hobbyblog:20191011211810j:image




f:id:Hobbyblog:20191006204303j:image

服のほうは、フードとワンピース、ソックスをつくりました。フードは、目と鼻の部分を切り取ったあとに、裏から黒いフェルトを木工用ボンドで、接着しました。

かなりドクロっぽくなりました。
f:id:Hobbyblog:20191007160836j:image


f:id:Hobbyblog:20191007160851j:image

ワンピースは、本の型紙どうりにつくったものに、100均のレースシールを貼り付けました。
f:id:Hobbyblog:20191007161551j:image


f:id:Hobbyblog:20191007182023j:image

ギターは、ジーンシモンズのフィギュアのものを使用しました。カッコイイ感じに仕上がったと思います。  以上です。
f:id:Hobbyblog:20191007182445j:image
f:id:Hobbyblog:20191011212054j:image

 

 

マギアレコードTVアニメ


f:id:Hobbyblog:20190916131211j:image
1月よりまどかマギカ外伝マギアレコードが放送されるとのことです。マギアレコードといえば、スマホゲームで有名ですがそれのアニメ化なのでしょうか?また、まどかマギカのような、てきびしい内容なのでしょうか?かなり気になるところですがたのしみでもあります。少し情報も解禁されていたのでわかったことを書きました。まずは、STAFF情報です。
原作:Magica Quartet
総監督/シリーズ構成:劇団イヌカレー(泥犬)
メインキャラクター原案:蒼樹うめ
副監督:宮本幸裕
キャラクターデザイン/総作画監督谷口淳一郎
総作画監督杉山延寛・山村洋貴
アクションディレクター:橋本敬史
メインアニメーター:伊藤良明・高野晃久・宮井加奈
美術監督:内藤健
色彩設計:日比野 仁
編集:松原理恵
CG監督:島 久登
撮影監督:土屋康次
脚本協力:エルスウェア
音楽:尾澤拓実
音響監督:鶴岡陽太
アニメーションスーパーバイザー:新房昭之
アニメーション制作:シャフト
キャスト
 アニメ新キャラクター「黒江(くろえ)」のキャラクターボイス花澤香菜が担当!

環いろは:麻倉もも
七海やちよ:雨宮 天
由比鶴乃:夏川椎菜
深月フェリシア佐倉綾音
二葉さな:小倉唯
十咎ももこ:小松未可子
秋野かえで:大橋彩香
水波レナ:石原夏織
黒江:花澤香菜

オープニングテーマはTrySail

エンディングテーマはClariS

ということです。

スマホゲームは、あまりしないので、アニメ化というのは大変嬉しいです。それで、なにか映像的なものがないかさがしてみたところ、youtubeに宣伝のPVがありました。あとは、舞台版のdvdが、ありました。フィギュアやコミックもけっこうでています。

舞台版!?気になるような気にならないような微妙なところです。           

dvdの発売やフィギュア、グッズ、なども気になります。しかし!一番気になるのは、パチスロになるかどうかというところです。

 

 

 

 

 

 

ゴブリンスレイヤー劇場版


f:id:Hobbyblog:20190916140231j:image

 

ゴブリンスレイヤー劇場版が、2020年2月1日より公開されるとのことです。ゴブリンスレイヤーといえば、TVアニメの方で、かなり衝撃的な内容でした。ザコ扱いのゴブリンが、かなり恐ろしい存在になっていました。一話で、女神官の入ったパーティーが、全滅という展開は、なかなかてきびしいと思いました。ただシリアスで悲惨なストーリーなのかと思っていたのですが、なごむシーンもありました。特に女神官とゴブリンスレイヤーとのやりとりは、なんだか笑えるというか、なごむというか、おかしな感じでした。劇場版は、どんなストーリーになるのかたのしみです。youtubeでみる限り雪のシーンが多いので、ストーリーは総集編でなく新作なのだと思います。
f:id:Hobbyblog:20190916155350j:imageこれを期にフィギュアとかグッズがたくさん出てほしいです。

ダイソーペーパークラフトラーメン屋台


f:id:Hobbyblog:20190911204759j:imageダイソーペーパークラフトの新しいものを見つけました。ラーメン屋台です。なんだか和める情景です。完成度も、なかなかのものです。
f:id:Hobbyblog:20190911205105j:image
f:id:Hobbyblog:20190911205124j:image
設計図がついているので、つくるのも簡単です。細かいところは、木工用ボンドで接着するといいと思います。
f:id:Hobbyblog:20190911205550j:image


f:id:Hobbyblog:20190911205610j:image
f:id:Hobbyblog:20190911205640j:image

横から見るといい感じなのですが正面はちょっと微妙な感じです。ガシャポンのフィギュアとか使うとジオラマみたいでいいと思います。
f:id:Hobbyblog:20190911212729j:image以前紹介した月面探査機のシリーズもなかなかよかったのですが、やはり お店などの日常感のあるものが、好きです。セリアにもペーパークラフトは、あるのですが、あまり私の好みのものが、ないので購入したものは、ありません。またこういう感じのものが、あれば紹介したいと思います。
f:id:Hobbyblog:20190911214018j:image

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない


f:id:Hobbyblog:20190813155455j:image

うちの娘の為ならば俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。と、長いタイトルのアニメを最近観ています。なんだかファンタジーうさぎドロップのように思えるのですが、とてもハートフルなストーリーが、かわいくていいです。魔人族の子供ラティナをひきとり育てることになった冒険者デイル、ラティナを溺愛しすぎる姿がおかしいです。ラティナの周りの登場人物も、みんなラティナにメロメロなのもなんだか微笑ましいです。残念ながら私の住んでいる地域では、放送されていないので、リアルタイムでは観れません。動画配信もu-next独占配信になっているようです。なのでu-nextの無料体験で、観ています。これからの二人のことや、ラティナの秘密なんかも、気になるところです。最終的にうさぎドロップの大吉と、りんのようになるような気が、ものすごくするのですが、どうなんでしょう???と先が気になるストーリーです。ちなみにうさぎドロップは、アニメや映画になっています。こちらも、とても感動的なストーリーです。原作のマンガも完結していますので、見比べるのも楽しいかもしれません。